【JavaScript】Reactについて徹底解説!

JavaScript

Reactとは、JSフレームワークの一つ。Facebook社が開発したモノで、効率的で柔軟な設計でアプリの見た目を作れる画期的なJSフレームワークです。

Reactは2013年にリリースされました。
今では知らない人がいないほどのFacebook社が開発しました。
品質やアップグレードもものすごく早く、今後もより一層需要が高まっていくことが期待できます。

Reactの歴史

Reactはオープンソースなので、どのようにできているか、日々改善されているかなども見ることができます。

下記はWebに関しての情報を発信しているBuild Insider社がJSフレームワークの人気投票のアンケートをとったものです。

1位:React
2位:Angular 2
3位:jQuery

何と1位にReactが輝きました。数多くあるJSフレームワークの中でも1位に輝いたのを見ると、その使い勝手の良さや人気の秘密が気になりますね。

人気の理由
リンクをコピーしました

なぜそれほど人気があるのか僕が考えたところ以下の3つほどあるかなと思います。

  1. SPA(シングルページアプリケーション)が作りやすいこと
  2. JSファイルの設計がわかりやすい
  3. 単価が高い

1. SPA(シングルページアプリケーション)が作りやすいこと
リンクをコピーしました

世の中のWebサイトはどんどんこのSPAというものに切り替えられていっています。
SPAとは初めにデータを全て読み込んでいて、何かのページに移動しようとしても実際にはリロード(一からページ読み込み)を行わないので、ものすごく早くページの切り替えをすることができます。

このSPAにすることにより、Webがものすごく早くなり、UXもかなり良くなります。

2. JSファイルの設計がわかりやすい
リンクをコピーしました

Reactではコンポーネント(メソッドみたいなものです)というものを使って、ビューを作ります。
ですのでどこに何のコンポーネントがあるかといったファイルの設計がしやすく、作った人しかどこにファイルがあるかわからないカオスなファイル設計になりにくいです。

3. 単価が高い
リンクをコピーしました

React経験者であれば、月80万円以上の案件がたくさんあります。
需要はあるが難しくできる人が少ないという理由で単価が上がっている印象を受けます。
Reactができるとフロントエンドの分野でかなり希少価値の高いエンジニアになることができます。

↑上記で説明した三つの分野でReactがなぜ人気があるかぼんやりわかったと思います。
実際に触ってみないとその便利さというのは実感できないので、実際に触ってみましょう。

Reactの勉強を始めよう

下記のサイトは公式Tutorialになるので、まずはTutorialから勉強して終われば実際にReactのアプリケーションを作っていきましょう!

React チュートリアル

まとめ

Reactは花形のJSフレームワークで今後ますます需要が高まっていくことが期待されるので、ぜひTutorialから勉強して、希少価値の高いReactエンジニアになりましょう。