すでにメンバーの場合は

無料会員登録

GitHubアカウントで登録 Pikawakaが許可なくTwitterやFacebookに投稿することはありません。

登録がまだの方はこちらから

Pikawakaにログイン

GitHubアカウントでログイン Pikawakaが許可なくTwitterやFacebookに投稿することはありません。

Ruby

Rubyとはプログラミング言語の一つ。オブジェクト指向のスクリプト言語です。RubyはMatzことまつもと ゆきひろ氏によって作られ、1995年に一般公開されました。主にwebアプリケーションを作成するときによく使われる言語です。

13 わかった数
Ruby

オブジェクトとは何か?基本となる知識をマスターしよう!

オブジェクトって一体何か?プログラミングの基本知識をこの記事でしっかりとマスターしましょう。オブジェクトとは、Rubyで扱うことができる全てのデータのことです。Rubyのプログラミングで使用する文字や数字などのデータやメソッドはオブジェクトという形でデータ化されます。
12 わかった数
Ruby

irbの使い方とは?

Rubyのirbモードについてわかりやすく解説しています。irbとは「Interactive Ruby」の略で、対話形式でプログラムを実行できるようになるコマンドです。 このコマンドを入力するとターミナルでrubyのコードを動かすことができるようになります。
12 わかった数
Ruby

三項演算子を使ってコードを簡潔に書けるようにしよう

Rubyの三項演算子の使い方を解説します。どういう風に定義するのか、どういったときに使えばいいのか知りたい方はぜひチェックしてみましょう。コードを短く書けるのでマスターしておいて損はないです!三項演算子とは、複数行に渡るif文を1行で書くことができる条件演算子です。
12 わかった数
Ruby

to_symメソッドの使い方を理解しよう

Rubyのto_symメソッドの使い方をわかりやすく解説しています。サンプルコードを使いながら解説を進めるので、どういう時に使うのか実際に手を動かしながら理解できます。to_symメソッドとは、文字列オブジェクトをシンボルに変換するメソッドです。
12 わかった数
Ruby

if文を使っての条件分岐の方法をマスターしよう!

プログラミングの基本であるif文を解説します。if文とは、ある条件の時にはAの処理を行い、別の条件の時にはBの処理を行うなど、条件によって処理を分けたい時に使う構文です。条件によって処理をわけたいときどのようにif文を使うのかなど、この記事でしっかりとマスターしましょう。
11 わかった数
Ruby

配列の基礎を図解形式で丁寧に解説(初心者向け)

配列は複数のデータを格納することが出来るのでデータ管理に便利なオブジェクトですが、最初は少し難しく感じますよね。この記事では配列について初心者が詰まりやすいポイントを豊富な画像で分かりやすく解説します。この記事を読めば配列の仕組みや操作方法などについて理解することが出来ます。
11 わかった数
Ruby

putsメソッドを使って出力を確認する方法をマスターしよう!

Rubyのputsメソッドの使い方を解説します。基本的なメソッドなのでこの記事を読んで使い方をマスターしましょう!putsメソッドは、オブジェクトをコンソールに改行を加えた状態で出力するメソッドです。メソッドの返り値はnilになります。
11 わかった数
Ruby

to_sメソッドの使い方を理解しよう

初学者向けにRubyのto_sメソッドの使い方をわかりやすく解説しています。どういう時に使うのかこの記事を読めばすべて理解できます。to_sメソッドとは、文字列以外のオブジェクトを文字列オブジェクトに変換するメソッドです。
11 わかった数
Ruby

プログラミングの基礎の変数について学んでみよう。

プログラミングを学ぶ上での基礎知識となる「変数」について解説しています。変数の定義の仕方、変数を使う必要性、変数を使うメリットなどをもサンプルコードを使いながら丁寧に解説します。この記事でしっかりと理解しておきましょう!
11 わかった数
Ruby

バックスラッシュ記法の使い方を学習しよう!

Rubyのバックスラッシュ記法について詳しく説明しています。どんなときにどのように使うのか、この記事を読んでマスターしましょう!バックスラッシュ記法とは\(バックスラッシュ)で始まる文字の記法のことを言います。 改行のようにキーボードから直接入力できない文字などを記述するのに使用します。