すでにメンバーの場合は

無料会員登録

GitHubアカウントで登録 Pikawakaが許可なくTwitterやFacebookに投稿することはありません。

登録がまだの方はこちらから

Pikawakaにログイン

GitHubアカウントでログイン Pikawakaが許可なくTwitterやFacebookに投稿することはありません。

お役立ち情報

テレワークに向けて本気で選ぶ方のためのオフィスチェア5選

ぴっかちゃん
ぴっかちゃん

テレワークなどのPC作業に特化したオフィスチェアランキングを作成しました。本当に自分の作業スタイルに合った椅子選びをしたい方に最適です!

みなさんはPC作業に使っている椅子、デスクワークのことを考えて選んだでしょうか?
現在、テレワークなどで一日のうちほとんどの時間をその椅子に座って過ごすこともあるはずです。
デスクワーク中の椅子の役割は思った以上に大事で、自分に合っていないものを使い続けると体への負担が大きくなってしまいます
一日でこんなに長時間使うものは、ちゃんとしたものを本気で選ぶべきではないでしょうか。

オフィスチェアと言っても、その中でPC作業に向いているものとそうでないものがあり、自分の作業スタイルによっても最適なオフィスチェアは変わってきます
ただ、詳しくなければどれが最も自分に合ったオフィスチェアなのか、なかなかわからないと思います。

本記事では、オフィスチェアの中でもテレワークなどのPC作業で大事な要素として次の4点に注目し、PC作業に適しているものをランキングしました。

  1. 前傾姿勢に対応しているか
  2. 調整機構の数
  3. ラインナップのバリエーション
  4. 保証年数

重視すべきポイント

それでは、まずデスクワーク用に使う上で重視すべきポイントを紹介します。
選び方の参考にもなると思うので、選び方がわからない方はここを見るとよいでしょう。

これらのポイントごとに、各オフィスチェアを5段階で評価し、順位をつけています。

前傾姿勢に対応しているか

これが、テレワークやPC作業において最も重視すべきポイントです。
PCを使うときは誰しも前傾姿勢になります。
実際に作業している際、背中が背もたれから離れているという方も多いのではないでしょうか。
背もたれのサポートがなければ、背中が理想的なS字カーブを作れず、体の故障につながってしまいます

そこで、前傾姿勢に対応しているオフィスチェアであれば、椅子全体が前傾し前傾姿勢中も背中をサポートしてくれます
座面も前傾することで、脚を圧迫することがなくなり、むくむ心配もありません。
以上の理由から、前傾姿勢向きかどうかというのは、デスクワーク用チェアにおいて非常に大事なのです。

前傾比較

ただ、前傾姿勢に対応しているオフィスチェアは全体の中でも多くありません
今回は、どのくらい前傾姿勢を想定しているかを評価基準とし、評価の高いものを中心に選びました。

調整機構の数

自分の体型に合った椅子は疲れにくいため、可能な限り自分に合ったものを選びたいものです。
しかし、体型というものは千差万別なため、そのままでぴったり合う椅子は存在しません。
そこで、椅子の方で調整できる部分が多ければ、その分自分の体型に合わせた椅子にすることが可能です。

オフィスチェアにおいて、押さえておくべき基本的な調整機構は、

  • リクライニング強さ調節
  • リクライニング角度制限
  • 座面前後移動
  • アームレスト上下・前後移動
  • アームレスト水平角度調節

の5つです。

主な調節機構

これらを備えているか、そして調節機構の多さを評価基準としました。

バリエーション

素材

オフィスチェアは背もたれや座面の素材を、「メッシュ」「クッション」から選べるものが多いです。
メッシュは通気性がよく蒸れない、クッションは座り心地が良い、といった特徴があります。
どちらが上というわけでもなく、好みによって選んでよいと思います。

メッシュとクッション

背もたれの大きさ

背もたれの大きさも、「ローバック」「ハイバック」の2種類展開している製品があります。
ローバックは背中の下半分ほどの大きさで、上半身の動きを阻害しません
ハイバックは背中全体を覆う大きさで、ゆったりともたれることができます
また、ハイバックは頭を置くヘッドレストをつけられるモデルも多く、休憩するときにリラックスしやすいでしょう。

ハイバックとローバック

ハイ/ローバック/ヘッドレストつきなどのモデル展開、背もたれや座面に使える素材の種類などで総合的に評価をおこないました。

保証

オフィスチェアは普通に使っていればそうそう壊れるものではありませんが、保証は長い方が安心です。

メーカーによっては、故障の種類によって保証年数が変わるところもあります。
例えば、調整ができなくなるといった機構部の故障は2年、背もたれを支えるパーツが割れたりといった構造部の故障は5年といった具合です。

本記事では、その製品の最長の保証年数を評価基準としました。

迷ったらこれを買おう!!

ここで、選択肢が多すぎて選びきれないという方に、前傾姿勢に適したオフィスチェアの中でも一番これを買っておけば間違いないだろうと思うものを紹介します。

オカムラ シルフィー

シルフィー

誰に対してもおすすめできる優等生オフィスチェア!

シルフィーは、ハイスタンダードなオフィスチェアで、どのような体型、どのような用途にも対応できます。
そのため、誰が使っても満足できるでしょう。
前傾と後傾、どちらの姿勢もカバーしています。

価格もオフィスチェアとしては中価格帯に位置するので、比較的手が出しやすいと思います。

> 「シルフィー」の商品ページ

以下のランキングでも取り上げていますので、詳しく知りたいという方はお読みください!
3位: オカムラ シルフィー

デスクワークに最適なオフィスチェアランキング

それでは、デスクワークに適したオフィスチェアのおすすめランキングを発表します!
選択肢が多すぎても迷ってしまうだけだと思いますので、本記事では本当におすすめできる5つに絞り、その分それぞれの解説を細かくしています。

【順位】 総合評価 前傾機能 調整機構 バリエーション 保証 価格
1位: アーロンチェア 18/20 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★ 12年 ¥205,700
2位: セイルチェア 17/20 ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★ 12年 ¥91,300
3位: オカムラ シルフィー 16/20 ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★☆ 8年 ¥96,556
4位: コクヨ ing 15/20 ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ 3年 ¥121,818
5位: エルゴヒューマン PRO 14/20 ★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆ 5年 ¥98,780

これから、各順位のアイテムについて詳しく紹介します。

1位: アーロンチェア

アーロンチェア

【総合評価】

18/20

【前傾機能】 ★★★★★ 前傾のために作られている
【調整機構】 ★★★★☆ 基本的な機能を高水準でカバー
【バリエーション】 ★★★★☆ 珍しい3サイズ展開
【保証】 ★★★★★ 12年
価格 高い ¥205,700 (税込)

ワークチェアのエッセンスをとことん煮詰めた「頂点」とも言える存在!

「オフィスチェアといえば」の後に続く可能性があるのは、このアーロンチェアをおいて他にないでしょう。
オフィスチェアの中で最も有名なアーロンチェアは、前傾姿勢を想定して作られています
なので、PC作業にはもってこいと言えます。

アーロンチェアは、全てがスペックでは測りきれないこだわりでできています
ただ機能が多い、ただバリエーションを多くするのではなく、ワークチェアを徹底的に突き詰めた「頂点」とも言える椅子でしょう。

> 「アーロンチェア」の商品ページ

前傾機能: ★★★★★

アーロンチェアは、前傾姿勢を前提としたチェアです。
相性もあるので一概には言えませんが、デスクワークに最も適した椅子であると言っても過言ではありません。

アーロンチェアは、動きに合わせて背もたれと座面が適切な位置に移動して、正しい姿勢を保ってくれます
前傾チルトにしたときもそれが働くので、体への負担を最小限に抑えられるでしょう

調節機構: ★★★★☆

リクライニングのかたさ調節など、オフィスチェアとして大事な部分は全て押さえています
使っていて不満を感じることはないでしょう。

機能を増やすというよりも、アームレストの高さ調節を無段階(リニア)にしたりと、基本機能を伸ばすといった方針が感じられます。

バリエーション: ★★★★☆

体の大きさに合わせた大・中・小の3種類のサイズがラインナップされています。
通常、体型の違いは座面の前後移動で対応するのが一般的で、わざわざサイズ違いを用意するのは非常に珍しいことです。

背もたれと座面の素材は、メッシュ一種類のみとなっています。
ただ、メッシュの貼り方に非常にこだわっており、背もたれと座面の8つのゾーンごとにメッシュのかたさを変えています。
クッションが選べないのは少し残念ですが、元々メッシュを考えている方には関係ないと言えます。

保証: ★★★★★

正規品を購入した場合、12年の保証が受けられます。
故障の種類によって保証年数を変えている企業が多い中、アーロンチェアを開発しているハーマンミラー社はほぼ全ての故障に対して12年の保証をつけています。
(高さ調節のガス圧シリンダーは2年間)

中古で購入した場合、保証期間中でも保証がなくなってしまうため、新品をおすすめします。

その他のポイント 詳細
背面素材 メッシュ
座面素材 メッシュ
前傾角度
アームレスト機能 高さ調節/角度調節/前後移動

こんな人におすすめ:
仕事道具に非常にこだわりがあり、一分の妥協もしたくない人!


2位: セイルチェア

セイルチェア

【総合評価】

17/20

【前傾機能】 ★★★★★ 前傾に特化したチェア
【調整機構】 ★★★☆☆ 基本は押さえている
【バリエーション】 ★★★★☆ 背もたれの生地と豊富なカラバリ
【保証】 ★★★★★ 12年
価格 ¥91,300 (税込)

無駄を削ぎ落とし、前傾姿勢に特化した洗練されたオフィスチェア!

セイルチェアは、アーロンチェアと同じハーマンミラーが開発したオフィスチェアです。
アーロンチェアは正しい姿勢を保つ椅子なのに対し、セイルチェアは動きに合わせてくれる椅子で、ちょうど対極の位置にあります。

セイルチェアは上から下に広がるような特徴的な背もたれを持っています。
肩の部分が空いているため座っていても非常に動きやすく、作業中はいい意味で椅子の存在感がありません。
横に倒れても追従してくれるのは新鮮です。

デザイン性も高く、インテリアにこだわる人にもおすすめできるオフィスチェアとなっています。

> 「セイルチェア」の商品ページ

前傾機能: ★★★★★

こちらもアーロンチェアと同様に、前傾姿勢を前提としたチェアです。

肩の動きを制限しない背もたれのため、もたれたときに包み込むような感じはありません。
休憩には向かない椅子であると言えるでしょう。

この椅子に座っている間は休憩せず、仕事に集中したいといった人に合っています。

調節機構: ★★★☆☆

アーロンチェアと同じように、オフィスチェアとして大事な部分は押さえています。
コストカットのため仕方ないですが、リニアに調節できない部分もあり少し劣ります。

バリエーション: ★★★★☆

座面はクッションで、背もたれはメッシュとクッションどちらかを選べます。
ただ、セイルチェアは背もたれのメッシュが特徴的なのでメッシュをおすすめします。

また、フルアジャスタブルアームという通常のアームよりも細かく調節できるアームレストがオプションで選べるようになっています。

保証: ★★★★★

こちらも、アーロンチェアと同等の保証が受けられます。
つまり、正規品を購入した場合12年の保証がついています。

その他のポイント 詳細
背面素材 メッシュ/クッション
座面素材 クッション
前傾角度
アームレスト機能 高さ調節/角度調節/前後移動(フルアジャスタブルアームの場合)

こんな人におすすめ:
椅子に座っている間はずっと集中して仕事したい人!


3位: オカムラ シルフィー

シルフィー

【総合評価】

16/20

【前傾機能】 ★★★★☆ 前傾と後傾両方に対応
【調整機構】 ★★★☆☆ 基本はカバー
【バリエーション】 ★★★★★ 多彩なモデル展開
【保証】 ★★★★☆ 8年
価格 ¥96,556 (税込)

ザ・オフィスチェアと言った感じの基本に忠実な優等生!

シルフィーは、オフィス内でのどのシチュエーションにも対応できるような、ハイスタンダードなオフィスチェアです。
そのため、誰が使っても満足できるでしょう。

背もたれのカーブを変えられる機構がついており、大柄な人から小柄な人まで体にフィットするようになっています。

> 「シルフィー」の商品ページ

前傾機能: ★★★★☆

前傾モードにすると背もたれが10°前に倒れます。
10°も前傾させられるオフィスチェアはなかなかありません。
アーロンチェアが5°の傾斜ですから、それよりももっと前傾を感じられます。

シルフィーは前傾機能がある一方で、ヘッドレストといった後傾のオプションも用意されています。
そのことから、前傾と後傾、両方使われることが想定されているように思います。

調節機構: ★★★☆☆

こちらも、基本な調節機構はあらかた押さえているので、そこまで不満はないでしょう。
一つだけ、リクライニングの範囲指定ができない点が、少し残念です。

バリエーション: ★★★★★

シルフィーはオフィスでひろく使われることを想定してか、モデル展開が多彩です。
ローバック/ハイバックモデル、ヘッドレストあり/なし、そしてアームレストあり/なしと、非常に多くの選択肢があります。

座面はクッションで、背もたれはメッシュとクッションから選ぶことができます。

保証: ★★★★☆

シルフィーの保証年数は、構造体の破損は8年、機構の破損は3年、樹脂の変色などは1年となっています。
構造体の保証8年は他と比較しても長く、優秀です。

その他のポイント 詳細
背面素材 メッシュ/クッション
座面素材 クッション
前傾角度 背もたれが10°
アームレスト機能 高さ調節/角度調節/前後移動

こんな人におすすめ:
シンプルだけど良いオフィスチェアを求める人!


4位: コクヨ ing

ing

【総合評価】

15/20

【前傾機能】 ★★★★★ 前傾の中でも特殊
【調整機構】 ★★★☆☆ 座面の機能に合わせてなくしているものもある
【バリエーション】 ★★★★★ 多彩なモデル展開
【保証】 ★★☆☆☆ 3年
価格 ¥121,818

唯一無二の感覚!ブランコのように動きどんな姿勢にも対応するオフィスチェア!

コクヨのingは、非常に変わったオフィスチェアです。
最大の特徴はブランコのように360°動く座面です。
自分の動きに合わせてゆらゆらと揺れるように動くこの感覚は、ingでしか味わえません。

まさに、唯一無二のオフィスチェアと言えるでしょう。

> 「ing」の商品ページ

前傾機能: ★★★★★

先述したように、ingの座面は特殊な機構を持っています。
この自由に動く座面は前傾姿勢にも適しており、自分の好きな姿勢で作業することができるでしょう。

動きを阻害しないというコンセプトという点で、セイルチェアと似ています。

調節機構: ★★★☆☆

正直なところ、変わった椅子なので判断が難しいです。
動きによって自然に背骨をサポートするためランバーサポート(腰あて)がなかったり、座面の揺れのON/OFFレバーがあったりと、最大の特徴に合わせて他の機能も最適化されているように感じます。

アームレストの前後移動ができず、可動域が少し狭いのはちょっとした欠点でしょうか。

バリエーション: ★★★★★

ラテラル(ローバック)・バーチカル(ハイバック)タイプが用意されています。
ヘッドレストつきモデルもあるため、リラックス重視の方にも対応しています。

座面はクッション背もたれはメッシュとクッションの2種類から選べます。

保証: ★★☆☆☆

ingの保証は、構造体の破損は3年、機構の破損は2年、樹脂の変色などは1年となっています。
最大でも3年というのは少し不安に感じます。

その他のポイント 詳細
背面素材 メッシュ/クッション
座面素材 クッション
前傾角度 自由に動く
アームレスト機能 高さ調節/角度調節

こんな人におすすめ:
動きながら作業したい人!


5位: エルゴヒューマン PRO

エルゴヒューマンPRO

【総合評価】

14/20

【前傾機能】 ★★☆☆☆ どちらかというと後傾むき
【調整機構】 ★★★★★ オフィスチェアの中でも最多レベル
【バリエーション】 ★★★★☆ 下位モデルあり
【保証】 ★★★☆☆ 5年
価格 ¥98,780

コスパ最強!機能性No.1のオフィスチェア!

エルゴヒューマンPROの特徴は、なんと言っても調節機構の多さです。
全てのオフィスチェアの中でも最多と言えるでしょう。
そのため、自分の体に合わせやすいことがこの椅子の強みです。

それでいてこの価格は、コストパフォーマンス最高と言わざるをえません。

> 「エルゴヒューマン PRO」の商品ページ

前傾機能: ★★☆☆☆

前傾チルト機能もついていますが、どちらかというと後傾むきのチェアになります。
常に集中するわけではなく、休憩を多く挟みながら作業したいという人に合っています。
ヘッドレストやオットマン(フットレスト)がオプションで付けられるため、前傾チェアよりも快適に休憩できるでしょう。

ただ、どうしても作業時の快適性は前傾向きの椅子よりも劣ってしまいます。

調節機構: ★★★★★

オフィスチェアの中でもトップクラスに多いです。
基本的な機能はもちろん、背もたれの高さ調節ヘッドレストの高さ/角度調節など、痒いところに手が届きます。

バリエーション: ★★★★☆

エルゴヒューマンはオプションが豊富で、オットマン(フットレスト)やタッブレットスタンドなどがつけられます。
また、機能を削って価格を下げた、「エルゴヒューマン ベーシック」「エルゴヒューマン エンジョイ」といった下位モデルも存在します。

座面はメッシュとクッションから、背もたれは2種類のメッシュから選べます。

保証: ★★★☆☆

エルゴヒューマンの保証は、構造体の破損は5年、機構の破損は3年、樹脂の変色などは1年となっています。

その他のポイント 詳細
背面素材 メッシュ
座面素材 メッシュ/クッション
前傾角度 座面後方が20mm上がる
アームレスト機能 高さ調節/角度調節/前後移動

こんな人におすすめ:
用途がPC作業以外にもある人!

まとめ

テレワークに最適なオフィスチェアランキングは以上となります。
スペックなどで差はありますが、自分の作業スタイルや体型などによってどのオフィスチェアも選択肢になりえます
実際に試座もおこない、後悔のない椅子選びをしていただければと思います。

本記事が、その参考になれば非常に幸いです!

【順位】 総合評価 前傾機能 調整機構 バリエーション 保証 価格
1位: アーロンチェア 18/20 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★ 12年 ¥205,700
2位: セイルチェア 17/20 ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★ 12年 ¥91,300
3位: オカムラ シルフィー 16/20 ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★☆ 8年 ¥96,556
4位: コクヨ ing 15/20 ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★☆☆☆ 3年 ¥121,818
5位: エルゴヒューマン PRO 14/20 ★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆ 5年 ¥98,780

(画像引用: 各社公式サイト)

1

わかった!